2016年08月20日

Doggo補足




doggo.png
こんにちは、ギリギリ今日ですね!良かった!
…ごめんなさい。

【Doggo戦闘後、見張り小屋のベルを鳴らすと…】

(1回目)
Hello? Is anybody there...? No?
『もしもし?誰かいるのか…?いないのか…?』

(2回目)
Are you two playing a trick on me? Real funny.
『2人とも俺をからかってんのか?面白れぇ』
※you two:お前ら2人
...後述のDogamyとDogaressaと勘違い?

(3回目)
Big guy? Is that you? Come on...
『でかいの、お前か?よせよ…』
Big guy: 後述のGreater Dogと勘違い?
※このCome onは来いではなく、「おいおい…」のニュアンス。

(4回目)
Well, it's not the tall skeleton... He's too loud.
『ああ、背が高い骨じゃない…奴はうるさすぎるからな』
tall skeleton: おなじみPapyrus

(5回目)
Whoever you are, knock it off!!!
『誰でもいい、やめやがれ!』
knock it off: やめろ!(俗語)
whoever: 誰でも

(6回目)
...


【小ネタ】
Doggoはpet(なでられる)されるとキャラアニメーション内で
『WAN』と言っています。いわゆる、ワン。
米語だと鳴き声はBow-Wow(バウワウ)なので
つまり、Toby氏渾身の日本豆知識ネタです。

静止している物が見えず、動くものだけ見える。
Doggoのような性質は実は現実にも視覚障害としてあるようです。
RiddocheSyndrome(リドック症候群)というそうな。


今回、他の犬(Dogamy, Dogaressa, GreaterDog)が出てきましたが
しばらくしたら戦う場所があるのでそちらは別で更新します。


posted by Temmie22 at 23:47| 本編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。